特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

長友佑都、初代表勢を鼓舞 4年前と同じ金髪「ベテランの役割」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
練習で汗を流す長友佑都(右)と谷口彰悟=カタール・ドーハで2022年11月11日、宮武祐希撮影
練習で汗を流す長友佑都(右)と谷口彰悟=カタール・ドーハで2022年11月11日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会(20日開幕)に臨む日本代表は11日、ドーハ市内の拠点で練習をスタートした。1日遅れで合流した酒井宏樹選手(浦和)を含め、現地入りしている「国内組」の7選手が約1時間半、ランニングやパス練習など軽めのメニューで調整。直前に鼻を骨折した谷口彰悟選手(川崎)はフェースガードを付けて臨んだ。

 W杯4大会連続で代表入りした36歳のベテランDF長友佑都選手(FC東京)が初練習を盛り上げた。日本出国時からハットで隠していた金髪を披露。「前回(2018年W杯ロシア大会)と同じように、(漫画「ドラゴンボール」に登場する最強キャラクターの)スーパーサイヤ人になりたいと夢見た子どもの頃を思い出しながら、士気を高めた」。早くも気合は十分だ。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文697文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集