白木みのるさん死去「大きな役者だった」 親交あった大村崑さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪であった「御堂筋パレード」で沿道の人たちに手を振る藤田まことさん(左から2人目)と白木みのるさん(同3人目)=大阪市中央区で2007年10月14日、貝塚太一撮影
大阪であった「御堂筋パレード」で沿道の人たちに手を振る藤田まことさん(左から2人目)と白木みのるさん(同3人目)=大阪市中央区で2007年10月14日、貝塚太一撮影

 喜劇俳優の白木みのるさんの訃報を受け、親交のあったコメディアン、大村崑(こん)さん(91)は、テレビ番組「てなもんや三度笠」について「彼が努力したからこそ、あんなに大きな番組になった。大きな役者だった」などと故人を悼んだ。

 つい最近、SNS(ネット交流サービス)で亡くなったことを知り、驚きました。テレビ局や稽古(けいこ)場で会うと、僕の話を行儀良く聞いてくれました。親孝行な人で、いつも親の話をしていました。

 みのるにとって、俳優の藤田まことと、テレビプロデューサーの澤田隆治と出会ったことが幸運でした。「てなもんや三度笠」には僕も出たけれど、彼が努力したからこそ、あんなに大きな番組になったと思います。晩年は歌手の北島三郎さんにも可愛がられて、北島さんが座長を務める舞台に出て、アドリブで笑わせるのが得意でした。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文712文字)

あわせて読みたい

ニュース特集