熊本市長選、大西一史氏が3選 無所属新人2人破る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熊本市長選で3選が確実となり、支援者らと万歳三唱する大西一史氏(前列右から2人目)=熊本市中央区のホテルで2022年11月13日午後8時4分、栗栖由喜撮影
熊本市長選で3選が確実となり、支援者らと万歳三唱する大西一史氏(前列右から2人目)=熊本市中央区のホテルで2022年11月13日午後8時4分、栗栖由喜撮影

 任期満了に伴う熊本市長選は13日投開票され、無所属現職の大西一史氏(54)=自民、公明推薦=が、元共産市議の益田牧子氏(72)と元施設管理会社員の古木浩一氏(62)の無所属新人2人を破り、3回目の当選を果たした。投票率は28・26%で、過去最低だった2018年の前回選(31・38%)を下回った。

 自民、公明に加え、連合の推薦も受けた大…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文230文字)

あわせて読みたい

ニュース特集