顧客満足度1位のコンビニが全国拡大しない理由 鍵は「地域のこし」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者の質問に答えるセコマの丸谷智保会長=札幌市中央区で2022年10月25日、貝塚太一撮影
記者の質問に答えるセコマの丸谷智保会長=札幌市中央区で2022年10月25日、貝塚太一撮影

 北海道内で人口1000人程度の集落に出店するなどして独自の理念とスタイルを貫き、コンビニ業界で「顧客満足度1位」を誇るセイコーマート。店舗を展開するセコマの丸谷智保会長(68)に過疎地出店への思い、今後の「全国ブランド化」について聞いた。

 ――2014年に人口1000人余の北海道初山別村に出店した。

 ◆初山別の出店は極めて特殊で、普通の出店戦略とは全く関係のない考え方。我々が「地域に密着して経営していこう」という意思がないと、このようなまれなケースは生まれないと言えます。(採算を)戦略的に考えるならば出店しません。過疎地で、逆張り戦略でもうけようとか、ほかがやらないことをやろうとしているわけでもありません。何とか出せないかというところから始まりました。困って(初山別村に)お願いされているわけ…

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1841文字)

あわせて読みたい

ニュース特集