映画「ターミナル」モデルの男性、パリの空港で死去 18年生活

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
空港で生活をしていたころのメフラン・カリミ・ナセリさん=パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で2004年8月11日、AP
空港で生活をしていたころのメフラン・カリミ・ナセリさん=パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で2004年8月11日、AP

 パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で18年間暮らし、スティーブン・スピルバーグ監督の映画「ターミナル」のモデルになったとされるイラン出身の男性、メフラン・カリミ・ナセリさんが12日、死去した。AP通信などが報じた。

 空港関係者によると、ナセリさんは空港で心臓発作を起こし亡くなった。1988~2006年、空港の第1タ…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

あわせて読みたい

ニュース特集