銀行員→西本願寺執行長 寺の体質、経営目線で革新 安永さんの確信

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
執行長に就任し、思いを語る安永雄彦さん=京都市下京区で2022年10月12日午後1時53分、南陽子撮影
執行長に就任し、思いを語る安永雄彦さん=京都市下京区で2022年10月12日午後1時53分、南陽子撮影

 浄土真宗本願寺派の本山、西本願寺(京都市下京区)の執行(しゅぎょう)長に、安永雄彦(ゆうひこ)(法名・雄玄)さん(68)が就任した。元銀行マンで、現在は人材コンサルティング会社の会長を務める異色の僧侶。長年のビジネス経験をもとに「社会が急激に変化し、一人一人が不安にさいなまれる今こそ、仏教や寺がお役に立てる時代だと確信している。門信徒創造のためのイノベーション(革新)に取り組みたい」と意気込みを語った。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文963文字)

あわせて読みたい

ニュース特集