「保育所に預けたと…」2歳女児死亡、車内に9時間置き去りか 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府岸和田市
大阪府岸和田市

 大阪府岸和田市の市立保育所駐車場に止めた乗用車内で12日夕、この保育所に通う女児(2)がぐったりした状態で見つかり、間もなく死亡が確認された。女児を発見した父親(33)は「保育所に預けたと思い込んでいた」と説明。大阪府警は女児が約9時間にわたり車に取り残され、熱中症になった可能性もあるとみて経緯を調べている。

 府警岸和田署への父親の説明によると、女児は3姉妹の次女で、父親と母親(35)との5人暮らし。父親はこの日午前8時ごろ、姉妹3人をワンボックスカーに乗せて自宅を出発。長女(4)と三女(1)を同じ認定こども園に送り届けた後、次女を保育所に預けるのを忘れて自宅に戻った。ワンボックスカーの窓を閉め、ドアも施錠した後に車を離れたという。母親は朝から仕事で外出していた。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集