「似てる人いれば一報を」 名古屋主婦殺害23年、夫が呼びかけ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
情報提供を求めるチラシを配る遺族の高羽悟さん(右)=名古屋市西区で13日午前
情報提供を求めるチラシを配る遺族の高羽悟さん(右)=名古屋市西区で13日午前

 名古屋市西区のアパートで1999年、住人の主婦、高羽奈美子さん(当時32歳)が何者かに刃物のような凶器で殺害された事件が13日、未解決のまま発生から23年となり、愛知県警と遺族らが同区のショッピングモールで情報提供を呼びかけた。夫の悟さん(66)は「犯人の特徴に少しでも似てる人がいたら一報を」と求めた。

 県警によると、現場周辺の血痕や目撃情報などから、犯人は現在60~70歳くらいの女で、身長160センチ前後。血液型はB型で、左右どちらかの手に傷が残っている可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文431文字)

あわせて読みたい

ニュース特集