特集

第102回全国高校ラグビー

第102回全国高校ラグビー大会(2022年12月27日~2023年1月7日)の特集サイトです。

特集一覧

常翔学園が花園切符 女性新監督の指揮下で初 高校ラグビー大阪予選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
選手たちのミーティングを見守る常翔学園の平池三記監督(右奥)=東大阪市花園ラグビー場で2022年11月13日午前11時31分、長宗拓弥撮影
選手たちのミーティングを見守る常翔学園の平池三記監督(右奥)=東大阪市花園ラグビー場で2022年11月13日午前11時31分、長宗拓弥撮影

 第102回全国高校ラグビー大会(花園)の大阪府予選は13日、東大阪市花園ラグビー場で第1地区の決勝があり、常翔学園が関大北陽を降し、8大会連続41回目の出場を決めた。花園優勝5回を誇る名門は、女性新監督の下で初めての全国大会に挑む。

 積み上げた花園での通算勝利は歴代3位の100勝。旧大阪工大高時代から数々の名ドラマを生んできた伝統校は異例の人事で再出発した。

 今年7月、部員が合宿施設で女性を盗撮する不祥事があり、長く率いた野上友一監督が引責辞任。後任には副部長だった平池三記氏(53)が就いた。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文725文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集