ロアッソ熊本、J1昇格逃す サポーター「来年こそ」 ねぎらいの拍手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熊本市のパブリックビューイング会場で、試合の模様を真剣な表情で見守るロアッソ熊本のサポーターら=同市中央区桜町の熊本城ホールで2022年11月13日午後1時9分、野呂賢治撮影
熊本市のパブリックビューイング会場で、試合の模様を真剣な表情で見守るロアッソ熊本のサポーターら=同市中央区桜町の熊本城ホールで2022年11月13日午後1時9分、野呂賢治撮影

 サッカーJ2で今季4位となり、プレーオフを勝ち上がったロアッソ熊本は13日、サンガスタジアムbyKYOCERA(京都府亀岡市)でJ116位の京都サンガとのJ1参入プレーオフ決定戦に挑んだが、1―1で惜しくも引き分け、初のJ1昇格を逃した。熊本市に設けられたパブリックビューイング(PV)会場でも応援したサポーターが「来年こそJ1昇格を」と選手らをねぎらう拍手を送った。

 PVは、ロアッソ熊本を運営する「アスリートクラブ熊本」が同市中央区の熊本城ホールで開き、ロアッソのユニホームを着た約630人が集結。新型コロナウイルスの感染対策のため声出し応援はできないが、サポーターは配布された応援用のハリセンを手に、応援に熱を込めた。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文753文字)

あわせて読みたい

ニュース特集