照ノ富士、両膝を負傷 今月末までの休場要する見込み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
照ノ富士
照ノ富士

 日本相撲協会は大相撲九州場所初日の13日、2場所連続休場の横綱・照ノ富士の診断書を公表し、7日付で「両変形性膝関節症にて、11月30日までの休場を要する見込み」との内容だった。照ノ富士は10月中旬に古傷を抱える両膝の内視鏡手術を受け、本格的な稽古(けいこ)を再開できていない。

 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は…

この記事は有料記事です。

残り69文字(全文228文字)

あわせて読みたい

ニュース特集