新弟子検査、ジャミントクトホら10人が合格 大相撲九州場所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本相撲協会は大相撲九州場所初日の13日、新弟子検査合格者10人を発表した。千葉・日体大柏高―拓大出のラグチャー・ジャミントクトホ(高砂部屋)、ツェンドスレン・トゥシグ(朝日山部屋)のモンゴル出身2人は興行ビザ取得後の本場所で初土俵を踏み、残り8人は3日目の15日から前相撲を取る。

 合格者は次の通り。

 鳥山優太郎(19)福井市出身、放駒部屋、190センチ、105キロ▽ラグチャー・ジャミントクトホ(23)モンゴル出身、高砂部屋、181センチ、146キロ▽佐藤宜之(21)千葉県富津市出身、佐渡ケ嶽部屋、176センチ、169キロ▽小嶋煌生(16)新潟市出身、湊部屋、181センチ、115キロ▽三浦光太郎(18)埼玉県川越市出身、押尾川部屋、178センチ、110キロ▽鶴叶翔(17)埼玉県川口市出身、藤島…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文521文字)

あわせて読みたい

ニュース特集