特集

三原舞依|Fun!フィギュア

昨季は4大陸選手権を5年ぶりに制覇。体調不良による長期休養後初の主要国際大会優勝となった。指先まで洗練された舞で観客を魅了する

特集一覧

三原舞依 英国の氷上でかけた「魔術」 フィギュアGP初制覇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子フリーでジャンプを飛ぶ三原舞依=英国シェフィールド2022年11月13日、ロイター
女子フリーでジャンプを飛ぶ三原舞依=英国シェフィールド2022年11月13日、ロイター

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦英国大会は13日、英国シェフィールドで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依選手(シスメックス)がGPシリーズ初優勝を果たした。

 英国の氷上で、見る者を魅了する魔術をかけた。三原選手がジュニア時代を通じて自身初のGPシリーズ制覇を果たした。

 フリーの曲目は「恋は魔術師」で、「力強く格好良い女性」を演じることを目指している。10月の西日本選手権ではSP首位でフリーの演技に臨みながら、後半の二つのジャンプが回転不足と判断されたことが響き、最終順位で2位に後退。「(悔しさの程度は)100、悔しい。後半部分が力強くなれていないところがある」と反省を口にしていた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文753文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集