廊下から響いた「ちくしょー」 ロアッソ熊本、初のJ1昇格逃す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【京都-熊本】J1昇格を逃し悔しがる熊本の選手たち=サンガスタジアムbyKYOCERAで2022年11月13日、藤井達也撮影
【京都-熊本】J1昇格を逃し悔しがる熊本の選手たち=サンガスタジアムbyKYOCERAで2022年11月13日、藤井達也撮影

 サッカーのJ1参入プレーオフ決定戦が13日、京都・サンガスタジアムbyKYOCERAであり、J2・4位のロアッソ熊本はJ1・16位の京都サンガと1―1で引き分け、初のJ1昇格はならなかった。

 J1への挑戦は甘くはなかった。試合終了間際、CKのこぼれ球に合わせた熊本FW平川怜選手のシュートは京都選手の顔面に当たり、さらにポストにも嫌われた。

 「きょうは(サッカーの神様が)いなかったね」。そう穏やかな顔で語った大木武監督も、記者会見場を後にすると「ちくしょー」。廊下から本音が響き渡った。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文543文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集