御嶽海「集中してやれた」 大関復帰へ白星発進 大相撲九州場所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
御嶽海(奥)が押し出しで明生を破る=福岡国際センターで2022年11月13日、金澤稔撮影
御嶽海(奥)が押し出しで明生を破る=福岡国際センターで2022年11月13日、金澤稔撮影

 大相撲九州場所初日は13日、福岡国際センターで行われ、横綱不在の場所で大関陣は貴景勝が小結・大栄翔を退けたが、5度目のカド番の正代は新小結の翔猿に競り負けた。関脇に陥落し、10勝以上で大関に復帰できる御嶽海は白星発進。関脇・若隆景は大関経験者の高安に敗れた。

 先場所優勝の小結・玉鷲は逸ノ城に押し出された。新入幕の熱海富士は平戸海に及ばなかった。

 20代最後の場所で、新たな挑戦が始まった。関脇に陥落した御嶽海が大関返り咲きを目指して幸先よく初日を白星で飾った。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文714文字)

あわせて読みたい

ニュース特集