優勝の関学大、勝負決めたビッグプレーに根拠あり 関西学生リーグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インターセプトから決勝のTDが決まり喜ぶ関学大の選手たち=大阪府吹田市の万博記念競技場で2022年11月13日、荻野公一撮影
インターセプトから決勝のTDが決まり喜ぶ関学大の選手たち=大阪府吹田市の万博記念競技場で2022年11月13日、荻野公一撮影

 関西学生アメリカンフットボールリーグの第6節が13日、大阪・万博記念競技場であり、関学大が関大を17―10で降して6戦全勝とし、1節を残して2年連続59回目の優勝を決めた。関学大は27日の最終節で立命大に勝利すれば、12日に開幕した全日本大学選手権(決勝・三菱電機杯 第77回毎日甲子園ボウル)への出場が決まる。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文817文字)

あわせて読みたい

ニュース特集