クジラ生肉の競り、希少部位に1キロ50万円の過去最高値 下関

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
50万円でイワシクジラの尾の身を競り落とした鮮魚仲卸「魚重」の長谷川豊専務取締役=山口県下関市の下関漁港地方卸売市場で2022年11月14日午前2時23分、大坪菜々美撮影
50万円でイワシクジラの尾の身を競り落とした鮮魚仲卸「魚重」の長谷川豊専務取締役=山口県下関市の下関漁港地方卸売市場で2022年11月14日午前2時23分、大坪菜々美撮影

 商業捕鯨で国内唯一の沖合操業を手がける共同船舶(東京都)が北海道東部沖などで捕獲したイワシクジラの生肉が14日、山口県下関市の下関漁港地方卸売市場で競りにかけられ、尾びれの付け根あたりの希少部位「尾の身」に1キロ当たり50万円の最高値が付いた。共同船舶によると過去最高額という。

 取引されたのは、共同船舶の母船式捕鯨船団が4~7日に捕獲したイワシクジラのオス2頭とメス1頭。…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集