日医工上場廃止、社長辞任へ 支援候補は国内ファンド・医薬卸陣営

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日医工本社=富山市総曲輪1で2022年5月、松井勇人撮影
日医工本社=富山市総曲輪1で2022年5月、松井勇人撮影

 経営再建中の大手ジェネリック医薬品(後発薬)メーカー日医工は14日、国内投資ファンドのジェイ・ウィル・パートナーズ(JWP、東京)と医薬品卸メディパルホールディングス(HD)の陣営を支援企業に選定したと発表した。メディパルHDの流通網を活用して販売体制を強化し、品質管理の分野で他社との業務提携を検討。上場廃止と社長辞任の予定も公表した。

 JWPの関連企業を引受先とする第三者割当増資を実施、197億円を調達する。運転資金や設備投資に充てる。来年3~4月ごろに、関連企業の完全子会社となり、東京証券取引所プライム市場から上場廃止となる。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文744文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集