電通、ロシアから撤退へ 合弁相手に全株式を譲渡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電通本社ビル=東京都港区で、本社ヘリから北山夏帆撮影
電通本社ビル=東京都港区で、本社ヘリから北山夏帆撮影

 電通グループは14日、ロシア事業を担う現地合弁会社について、グループの全保有株式を合弁相手に譲渡すると発表した。ロシアから事実上撤退する。譲渡にはロシア当局の承認が必要なため、完了時期は未定としている。

 電通グループは年内に譲渡が完了した場合、2022年12月期連結決算で約370億円の損失が出ると…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

ニュース特集