日韓首脳、北朝鮮対応急務で歩み寄り 元徴用工問題は進展なし

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
握手する岸田文雄首相(左)と韓国の尹錫悦大統領=カンボジア・プノンペンで2022年11月13日(内閣広報室提供)
握手する岸田文雄首相(左)と韓国の尹錫悦大統領=カンボジア・プノンペンで2022年11月13日(内閣広報室提供)

 対面による正式な日韓首脳会談が13日、約3年ぶりに実現した。ただし、日韓関係の最大の懸案となっている元徴用工問題では、解決に向けた具体的な進展が見られなかった。それでも両国が歩み寄りの姿勢を見せるのは、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対応する上で連携する必要があるためだ。

 9月の米ニューヨークでの非公式会談では、直前に…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1095文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集