特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

G20サミット、15日開幕 米欧と露の対立、首脳宣言に焦点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれるインドネシア・バリ島の会場周辺=2022年11月14日午後4時21分、高田奈実撮影
主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれるインドネシア・バリ島の会場周辺=2022年11月14日午後4時21分、高田奈実撮影

 主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が15日、インドネシアのバリ島で開幕する。バイデン米大統領や中国の習近平国家主席、日本の岸田文雄首相らが出席する。主要国の首脳が対面で一堂に会するのは3年ぶり。エネルギーや食料の安定確保などが主要な議題となる。ウクライナへの侵攻を続けるロシアと米欧が対立するなか、首脳宣言が出せるかも焦点。首脳宣言が見送られれば、G20サミットで初めてとなる。会議は16日まで。

 今回のG20サミットは、今年2月にロシアがウクライナに侵攻して以降、米中日欧など主要国の首脳が集まる初の機会となる。ただ、ロシアのプーチン大統領は出席せずラブロフ外相が代理で出席。現地メディアによると、プーチン氏は会議の一部にオンラインで出席する可能性があるという。G20メンバーではないが、ウクライナのゼレンスキー大統領もオブザーバーとしてオンラインで参加する見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文777文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集