特集

習近平の中国

習近平体制は党大会を経て3期目が始動。権力集中が加速する異例の長期政権は、どこに向かうのでしょうか。

特集一覧

習主席「台湾はレッドライン」 米中首脳会談で意思疎通維持確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首脳会談に臨むバイデン米大統領(右)と中国の習近平国家主席=インドネシア・バリ島で2022年11月14日、ロイター
首脳会談に臨むバイデン米大統領(右)と中国の習近平国家主席=インドネシア・バリ島で2022年11月14日、ロイター

 バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は14日、インドネシア・バリ島で約3時間にわたり会談した。台湾海峡をめぐる軍事的な緊張が高まる中で、バイデン氏は互いの「レッドライン(越えてはならない一線)」を探り、大国間競争の管理を図った。米政府の発表によると、両氏は衝突を回避するために、それぞれの高官に権限を与え、意思疎通を維持することで一致した。

 対面による米中首脳会談は、バイデン氏の大統領就任(2021年1月)以降で初めて。両氏は15~16日に開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせバリを訪問している。習氏にとっては、10月の共産党大会後に3期目の新指導部を発足させて以降、初の外遊となった。

 米政府の発表によると、バイデン氏は「(米中間の競争が)紛争に発展してはならない」と繰り返し強調。気候変動や食糧安全保障などグローバルな課題で米中が協力して取り組む必要性を訴えた。両氏は両政府による作業部会を含め、米中間の問題に対処する努力を引き続き行うことで合意した。ブリンケン米国務長官が中国を訪問し、首脳会談での議題を引き続き中国側と協議する。

 米中の最大の懸案は台湾問題だ。ペロシ米下院議長による8月初旬の訪台に、台湾を領土の一部とみなす中国は猛反発。台湾周辺での軍事活動を恒常化させている。

 バイデン氏は会談で「中国が台湾に対して攻撃的な行動をとっており、地域の平和と安定を損なっている」と懸念を伝えた。一方で、台湾を領土とみなす中国の立場に異を唱えない「一つの中国」…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1445文字)

【習近平の中国】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集