造幣局で貨幣「大試験」 沖縄復帰50年記念の金貨幣など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪市の造幣局で開かれた「製造貨幣大試験」=2022年11月14日午前
大阪市の造幣局で開かれた「製造貨幣大試験」=2022年11月14日午前

 貨幣が規定を満たす重さで製造されているかどうかを調べる「製造貨幣大試験」が14日、大阪市北区の造幣局で開かれた。1年間に製造された1円から500円の通常貨幣に加え、沖縄復帰50周年を記念した1万円金貨幣と1000円銀貨幣が対象。

 貨幣は製造の過程で、一定の割合で抜き取り保管されていた。造幣局職員が…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集