「私は泣き寝入りしない」女子高校生が埼京線の痴漢を制するまで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
痴漢抑止バッジを手にする殿岡たか子さん(仮名)。会社員になった今も電車に乗る時はつけているという=東京都豊島区で2022年5月21日午後3時5分、国本愛撮影
痴漢抑止バッジを手にする殿岡たか子さん(仮名)。会社員になった今も電車に乗る時はつけているという=東京都豊島区で2022年5月21日午後3時5分、国本愛撮影

 女子高校生は折れなかった。あの卑劣な痴漢たちには負けないと。泣きながら登校した日も、家から出られない日もあった。でも、母と悩みながら考えた一枚のカードが救ってくれた。今、それは満員電車などで痴漢を遠ざけるための缶バッジに姿を変え、女子学生たちの身を守っている。【国本愛】

高校入学2日目、悪夢始まる

 東京都在住の会社員、殿岡たか子さん(24歳、仮名)が初めて痴漢に遭ったのは2014年4月、高校に入学し2日目の朝だった。

 登校するため東京と埼玉をつなぐJR埼京線の満員電車に乗っていると、誰かの手の甲がお尻に当たっているのに気づいた。

 「偶然だ」。最初はそう思った。だが、やがて手のひらに変わって、お尻を上下になぞるようになり、最後はぐっとつかまれた。「捕まえないといけない」と思ったが、その手はすっと引っ込んで見失った。

痴漢は「都市伝説」じゃなかった

 中学時代は電車通学ではなく、「痴漢は都市伝説のようなものだ」と思っていた。2、3分の出来事だったが、怖さや恥ずかしさがつのる。涙をこぼしながら学校へ向かった。

 学校の先生に「女性専用車両に乗るといい」と助言されたが、帰宅時間帯に女性専用車両はなく、その後も帰りは頻繁に被害に遭った。覆いかぶさられたり、揺れや人の流れに乗じたりして触られた。男たちは学生服やスーツ姿など見た目も年齢もさまざまだった。

「女性専用車両を増やしてほしい」

 「痴漢に何度も遭っているので、女性専用車両を増やしてください」とJRに電話やメールでお願いしたが、「貴重なご意見承ります」といった回答しかなかった。

 女性専用車両を設ける時間帯を拡大した場合、男性の乗客にとっては、ホームで列車を待つ位置を変えねばならなくなるなどの影響も出るようだ。毎日新聞も女性専用車両の拡大についてJR東日本に認識を尋ねてみた。

 同社広報室は「お客様へのご案内がしやすいことなど考慮すべきさまざまな課題があることから慎重に検討する必要がございます。男性のお客さまも含め十分な理解を得る必要があり、引き続き検討してまいります」との回答だった。

スカートの長さを変えてみた

 録音と再生の機能があるマスコット人形に「助けてください、痴漢です」と声を吹き込んで通学時に持ち歩きもしたが、「人違いだったり、うそつきと言われたりしたらどうしよう」と思うと、一度も使えなかった。

 殿岡さんは言う。「男性は冤罪(えんざい)を気にするが、…

この記事は有料記事です。

残り2236文字(全文3248文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集