大阪・岸和田2歳女児死亡 市立保育所は欠席把握、親に連絡せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸和田市役所=鶴見泰寿撮影
岸和田市役所=鶴見泰寿撮影

 大阪府岸和田市の市立保育所駐車場に止めた乗用車内で12日夕にこの保育所に通う女児(2)がぐったりした状態で見つかり、間もなく死亡が確認されたことについて、同市は14日、市立保育所が女児の欠席を把握しながら、保護者に確認の電話を入れていなかったことを明らかにした。

 市子育て施設課によると、この保育所では子供を連れて登園した保護者がチェックカードに時間を記載し、保育士が園児の顔を確認する。登園予定の園児がいない場合は、保護者に電話して出欠を聞くことを決めていた。

 保育所は12日朝、女児が登園していないことを把握。担当の保育士が午前10時ごろ、緊急連絡先だった母親に電話をかけようとしたが、別の保護者への対応に追われ、連絡を忘れたという。この日は20人が登園予定で、事前連絡がなく欠席したのは女児だけだった。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1182文字)

あわせて読みたい

ニュース特集