特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

伊藤洋輝のシンデレラストーリーは4年前から サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊藤洋輝=パナソニックスタジアム吹田で2022年6月14日、宮武祐希撮影
伊藤洋輝=パナソニックスタジアム吹田で2022年6月14日、宮武祐希撮影

 わずか半年で景色はがらりと変わった。サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表に初選出されたDF伊藤洋輝(23)=シュツットガルト=は、今年5月の代表初招集から一気に階段を駆け上がった。「シンデレラボーイ」の物語は、4年前のある特別な経験からスタートした。

 「やっぱりうれしい。ただ、結果を残すことも意識してやりたい」

 1日の日本代表メンバー発表後、オンラインで取材に応じた伊藤は気を引き締めた。そして4年前を思い浮かべ、「当時は4年後にこういう立場になっているとは思っていなかった」と語った。

 2018年のW杯ロシア大会。当時、U19(19歳以下)日本代表だった伊藤は、久保建英(レアル・ソシエダード)らとともに、フル代表の合宿地などで練習パートナーを務めた。日本トップクラスの選手たちの力を体感するとともに、日本戦などを観戦。4年に1度の祭典の大きさを体感した。「(移動の際に)一緒にチャーター機にも乗せてもらって、『これがA(フル)代表か』みたいな。感動ではないが、憧れの心が出てきた」

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1197文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集