日本ハム、新球場問題で謝罪「規則の解釈、認識が不十分だった」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
報道各社に公開されたプロ野球・日本ハムが来季から本拠地とする新球場「エスコンフィールド北海道」=北海道北広島市で2022年11月3日午後0時11分、谷口拓未撮影
報道各社に公開されたプロ野球・日本ハムが来季から本拠地とする新球場「エスコンフィールド北海道」=北海道北広島市で2022年11月3日午後0時11分、谷口拓未撮影

 プロ野球・日本ハムの新本拠地「エスコンフィールド北海道」(北海道北広島市)のファウルゾーンの一部が公認野球規則の規定を満たしていないことが判明した問題で、球団は14日、「規則の解釈、認識が不十分だった」と謝罪するコメントを発表した。

 球団は本塁からバックネットまでの距離について、規則に記載のある60フィート(約18メートル)は「推奨と解釈した」とコメント。新球場の設計を担当したアメリカの設計会社からは、アメリカの公認野球規則に準じた米メジャーリーグでは問題がないとされたと説明し…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

あわせて読みたい

ニュース特集