WADA、ドーピングのワリエワに4年間の資格停止処分求める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【北京冬季五輪】女子フリーで演技するROCのカミラ・ワリエワ=北京・首都体育館で2022年2月17日、猪飼健史撮影
【北京冬季五輪】女子フリーで演技するROCのカミラ・ワリエワ=北京・首都体育館で2022年2月17日、猪飼健史撮影

 世界反ドーピング機関(WADA)が、2月の北京冬季オリンピックの期間中にドーピング問題が発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア)について、4年間の資格停止処分などを求めていることが14日、分かった。WADAの提訴を受理したスポーツ仲裁裁判所(CAS)が同日、明らかにした。

 WADAは、陽性反応が出た検体が採取さ…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文380文字)

あわせて読みたい

ニュース特集