ファンタジーにしたくない 中川大志の「本当」にこだわる演技論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
舞台「歌妖曲」で、同じ人物の光と闇を演じる俳優の中川大志=大阪市福島区で2022年9月24日、川平愛撮影
舞台「歌妖曲」で、同じ人物の光と闇を演じる俳優の中川大志=大阪市福島区で2022年9月24日、川平愛撮影

 見栄えの良さが大河ドラマでネタになる。そんな武将を演じた俳優の中川大志が初めての本格的な舞台で、イメージを覆す役に挑んでいる。醜い風貌で生まれ、家族に虐げられるも、美しく変身して報復する男の物語だ。現実離れした話に思えるが、本人は「ファンタジーにしたくない」という。役に血を通わせるための信条は「本当に行動すること」。どういうことか。

大河ドラマで畠山重忠役 「ロス」も

 「見栄えがいい」とは、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じた畠山重忠の設定のこと。周りから外見の良さを理由に、戦の先陣を任されたり、逆に裏工作を止められたり。コミカルさを演出するだけでなく、知勇に優れた武士を貫禄たっぷりに演じ、討ち死にした後はネットで「ロス」も広がった。

 端正かつ清廉。そんな役の印象が強い中川が、今作「歌妖曲(かようきょく)~中川大志之丞変化~」(倉持裕作・演出)では違う姿を見せる。底流にある世界観は、異形に生まれながら悪逆を尽くして王へ上り詰める「リチャード三世」。プロデューサー陣が「ヒールの中川大志を見たことがない」と企画した。

 昭和40年代の歌謡界。スター歌手の桜木輝彦(中川)には、知られざる顔があった。…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1755文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集