お待たせ!ももクロ、群馬・安中ライブ デビュー前の思い出語る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
群馬県安中市でライブを行ったももクロのメンバー。岩井均市長(左から3人目)と市のマスコットキャラクター「こうめちゃん」から歓迎を受けた=同市安中の市文化センターで2022年11月12日、西本龍太朗撮影
群馬県安中市でライブを行ったももクロのメンバー。岩井均市長(左から3人目)と市のマスコットキャラクター「こうめちゃん」から歓迎を受けた=同市安中の市文化センターで2022年11月12日、西本龍太朗撮影

 群馬県の安中市文化センター(同市安中3)で12日、4人組ガールズユニット「ももいろクローバーZ」(ももクロ)のライブが開催された。地域活性化を応援しようと、ももクロがライブ開催地を地方自治体から募集するイベント「ももクロ春の一大事」に安中市が応募したことがきっかけだ。ただ、その時は安中市は選考に漏れた。数万人の観客を収容する会場でも公演する人気アイドルのライブが、なぜ800席のホールで実現したのか。

 安中市は2019年、ももクロ春の一大事に応募。選考には漏れたものの、その後、ももクロ側から別企画として同市でのライブ開催の提案があったという。当初は20年5~6月ごろに予定されていたが、コロナ禍で延期となっていた。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1137文字)

あわせて読みたい

ニュース特集