横田めぐみさん拉致45年 官房長官「痛恨の極み」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松野博一官房長官
松野博一官房長官

 松野博一官房長官は15日の記者会見で、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから同日で45年となったことを受け、「いまだに多くの被害者が北朝鮮に取り残されていることは痛恨の極みであり、誠に申し訳ない」と語った。

 松野氏は拉致問題担当相を兼務している。めぐみさんの母早紀江さんら被害者家族が高齢となっていることを踏まえ「解決には一刻の猶予もない。拉致問題は岸田…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

ニュース特集