「ゼロコロナ」徹底の習近平氏 G20ディナーはどうする?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バリの国際空港に到着し、マスクを外して姿を見せた中国の習近平国家主席(中央)と彭麗媛夫人=インドネシア・バリ島で11月14日、代表撮影・ロイター
バリの国際空港に到着し、マスクを外して姿を見せた中国の習近平国家主席(中央)と彭麗媛夫人=インドネシア・バリ島で11月14日、代表撮影・ロイター

 15日に開幕した主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席した中国の習近平国家主席。大国の指導者としての言葉の他に、注目を集めそうなのが外国首脳との会食の場に習氏が姿を表すかどうかだ。外交の舞台で要人同士が食卓を囲む意味は大きいが、「ゼロコロナ」政策を掲げる習氏は、今年に入って再開した外遊で「会食外交」の場を避けてきた経緯がある。西側諸国首脳も集まる貴重な機会に、習氏は軌道修正をみせるのか。

 新型コロナウイルスの世界的感染拡大以降、習氏は2年8カ月もの間、外国訪問を控えてきた。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文874文字)

あわせて読みたい

ニュース特集