佐賀の小学校で日韓交流 釜山から18人訪問 よさこいに竹笛で応え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タンソと呼ばれる韓国の竹笛を演奏する兎峴初等学校の児童=佐賀市の市立新栄小で2022年11月13日午後0時10分、西脇真一撮影
タンソと呼ばれる韓国の竹笛を演奏する兎峴初等学校の児童=佐賀市の市立新栄小で2022年11月13日午後0時10分、西脇真一撮影

 佐賀市立新栄小学校は13日、市が姉妹都市提携している韓国南部・釜山市蓮堤(ヨンジェ)区にある兎峴(トヒョン)初等学校の5、6年生18人を迎え、交流会を開いた。関係悪化で正式な日韓首脳会談は約3年開催されなかったが、両校は新型コロナウイルス禍の2年間を除き、2002年から毎年交互に訪問。「違いを認め合えるように」「グローバルリーダーシップを備えた人に」――。関係者はそんな思いを抱き子供たちを温かく見守っている。【西脇真一】

 21回目の交流のため、兎峴側の児童や保護者ら36人は12日に来日。大人はホテルだが、子供は新栄小の児童宅に2泊し、14日午後に帰路に就いた。新栄側には校区韓国交流委員会があり、地域が主体となっているのが特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文983文字)

あわせて読みたい

ニュース特集