300年ぶり大修理完了 東福寺「五百羅漢図」全50幅来年公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
修理記念法要の前に五百羅漢図に見入る僧侶たち=京都市東山区で2022年11月15日午前9時52分、山崎一輝撮影
修理記念法要の前に五百羅漢図に見入る僧侶たち=京都市東山区で2022年11月15日午前9時52分、山崎一輝撮影

 東福寺(京都市東山区)の「五百羅漢図」(国重文)が約300年ぶりとなる大修理を終え、鮮やかな衣をまとった仏弟子の姿などがよみがえった。15日には同寺で一部が披露され、記念法要が営まれた。室町時代の画僧、明兆(みんちょう)が1382年から3年以上かけて挑んだ全50幅の大作。中国・天台山を主舞台に、絹地の1幅(縦約170センチ、…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集