映画監督の大森一樹さん死去 70歳 「ヒポクラテスたち」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大森一樹監督=大阪市北区で2015年9月30日、梅田麻衣子撮影
大森一樹監督=大阪市北区で2015年9月30日、梅田麻衣子撮影

 「ヒポクラテスたち」「ゴジラVSビオランテ」などの映画監督、大森一樹(おおもり・かずき)さんが12日、急性骨髄性白血病のため死去した。70歳。葬儀は近親者で営み、お別れの会を後日開く。

 高校時代から8ミリ映画を撮り始め、京都府立医科大在学中の1977年、「オレンジロード急行」で新人脚本家の登竜門、城戸賞を受賞。78年松竹で自ら映画化した。助監督経験を経ないまま大手映画会社からデビューするのは当時異例で、注目を集めた。続く「ヒ…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集