参院選1票の格差訴訟 高裁秋田支部は違憲状態 16判決そろう

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
仙台高裁秋田支部の判決を受け「違憲状態」と書かれた紙を掲げる原告側の弁護士ら=秋田市で2022年11月15日、猪森万里夏撮影
仙台高裁秋田支部の判決を受け「違憲状態」と書かれた紙を掲げる原告側の弁護士ら=秋田市で2022年11月15日、猪森万里夏撮影

 「1票の格差」が最大3・03倍だった7月の参院選は投票価値の平等を保障した憲法に反するとして弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟で、仙台高裁秋田支部は15日、「違憲状態」とする判決を言い渡した。無効請求は棄却した。これで全国の高裁・高裁支部に起こされた16訴訟の判決が出そろい、「違憲」の1件を除き、「違憲状態」8件、「合憲」7件と判断が拮抗(きっこう)した。格差是正に向けた国会の姿勢をどう評価するかで結論が分かれた。最高裁は来年にも統一判断を示す。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文978文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集