ご当地ヒーロー・イバライガー 「地球を守る」次の夢はSDGs

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本SDGs協会から提供された横断幕の前で笑顔を見せる卯都木睦さん=茨城県つくば市上ノ室の茨城元気計画で
日本SDGs協会から提供された横断幕の前で笑顔を見せる卯都木睦さん=茨城県つくば市上ノ室の茨城元気計画で

 茨城のご当地ヒーロー「時空戦士イバライガー」が誕生して15周年を迎えた。10月には長年の活動が認められ一般社団法人「日本SDGs協会」(大阪市、堤晶子代表理事)から、ご当地ヒーローで初めて協賛を受けた。運営する「茨城元気計画」(つくば市上ノ室)代表の卯都木睦(うつぎ・あつし)さん(55)は「人々の心や地球の環境を守るというイバライガーの理念と活動は、SDGs(持続可能な開発目標)に合致する。子どもたちにも知ってほしい」と語る。【堀井泰孝】

 卯都木さんは牛久市出身。20代で全日本サーフィン選手権大会に7年連続で出場し、5位に入賞したこともあった。1994年につくば市内でサーフィンショップを起業した。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1101文字)

あわせて読みたい

ニュース特集