金剛峯寺座主に長谷部大僧正就任、入山式 「世界落ち着くよう祈る」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入山式に臨む長谷部真道・金剛峯寺第四百十五世座主(左)=和歌山県高野町で2022年11月15日午前10時9分、藤原弘撮影
入山式に臨む長谷部真道・金剛峯寺第四百十五世座主(左)=和歌山県高野町で2022年11月15日午前10時9分、藤原弘撮影

 高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)の第四百十五世座主(ざす、同宗管長)に15日、長谷部真道大僧正(83)が就任し、同寺での入山式に臨んだ。任期は4年。

 今川泰伸執行長(しぎょうちょう)から辞令を受け取った長谷部座主は「世界人類はいま、視界不良。穏やかに落ち着くのを願う。我々には祈るしか道…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

あわせて読みたい

ニュース特集