早稲田大学祭の大トリ飾る「ワセコレ」 ワセジョの偏見、拭う思い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本最大級の大学祭「早稲田祭」で、3年ぶりに大隈講堂前の野外ステージで行われたワセコレ=東京都新宿区の早大・早稲田キャンパスで
日本最大級の大学祭「早稲田祭」で、3年ぶりに大隈講堂前の野外ステージで行われたワセコレ=東京都新宿区の早大・早稲田キャンパスで

 多くの来客でにぎわう、新型コロナウイルス禍以前の大学祭の雰囲気が戻ってきた。今月5~6日に開催された早稲田大学の大学祭「早稲田祭」。出演団体で大トリを飾ったのが「Waseda Collection(ワセダコレクション)」(通称・ワセコレ)だ。独特のスタイルで開催されるこのファッションショー。裏方で支える主催団体の早大公認サークル「わせプロ」の中心メンバーと学生デザイナーに、開催にかける思いを取材した。【駒沢大学・根岸大晟】

 早稲田キャンパス(東京都新宿区)・大隈講堂前の野外ステージで行われたワセコレのテーマは「パーティー」。そのテーマにふさわしい、華やかな衣装をまとった早大の女子学生10人のモデルが登場すると、大勢集まった観客が拍手と歓声で出迎えた。音と光の演出の中、観客はうちわやペンライトを振ったり、写真を撮影したりと思い思いの形で盛り上がりを見せた。

この記事は有料記事です。

残り1633文字(全文2016文字)

あわせて読みたい

ニュース特集