王将戦リーグ、豊島九段が勝利し4勝1敗に 羽生九段の挑戦持ち越し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
豊島将之九段=東京都新宿区で2020年8月6日、佐々木順一撮影
豊島将之九段=東京都新宿区で2020年8月6日、佐々木順一撮影

 第72期ALSOK杯王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛)が15日、東京の将棋会館で指され、5戦全勝の羽生善治九段(52)を追う豊島将之九段(32)が渡辺明名人(38)に113手で勝って4勝1敗と星を伸ばした。リーグは22日の最終一斉対局を残すのみとなり、藤井聡太王将(20)の挑戦者が誰になるかは、羽生九段と豊島九段が直接対決す…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集