特集

巨人

プロ野球・読売ジャイアンツの特集サイトです。

特集一覧

松田宣浩が巨人入団会見 “熱男”は「その時の雰囲気で」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入団会見の最後に「熱男」ポーズを取る巨人・原辰徳監督(左)と松田宣浩選手=東京都内で2022年11月15日、角田直哉撮影
入団会見の最後に「熱男」ポーズを取る巨人・原辰徳監督(左)と松田宣浩選手=東京都内で2022年11月15日、角田直哉撮影

 プロ野球のソフトバンクを退団し巨人に移籍した松田宣浩内野手(39)が15日、東京都内のホテルで入団記者会見を行った。背番号「23」のユニホームを手にした松田は「僕は本当に野球が大好き。まだまだ若く、熱く、元気に、をモットーにプレーしたい」と抱負を語った。

 松田は2006年から17年間ソフトバンクに所属し、勝負強い打撃で7度の日本一に貢献。若手の台頭などもあり今季は43試合の出場にとどまっていた。松田は「いい思い出も、苦い思い出もたくさんあった。一日一日、一生懸命野球に向き合って、本当に17年間あっという間だった」と回想した。

 会見に同席した原辰徳監督は「サブプレーヤーで、という気持ちは無いと思う」と「戦力」としての期待を強調。松田自身も「ムードメーカーで入団したと思っている方も多いだろうが、最初から『日本一のための戦力と考えてオファーを出した』という言葉をもらい、うれしく思った。責任感が出たし、来年やってやろうという思いもある」と決意を新たにする。「若い時は外野も何度も守った経験がある」とアピールし、どのポジションで…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文822文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集