連載

恋するラグビー

合言葉は「ワールドカップの熱狂を止めるな」。ラグビーにまつわる人や話題、その魅力を記者が掘り下げます。

連載一覧

恋するラグビー

ラグビー日本代表を迎える「バラ色の街」 W杯の舞台トゥールーズの今

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トゥールーズ市内のキャピトル広場。赤レンガ造りの市庁舎が印象的=トゥールーズ観光局提供
トゥールーズ市内のキャピトル広場。赤レンガ造りの市庁舎が印象的=トゥールーズ観光局提供

 ラグビー日本代表が20日、フランス代表とのテストマッチに臨む。会場は仏南西部の都市トゥールーズ。来年9月開幕のワールドカップ(W杯)フランス大会で日本代表がベースキャンプとし、1次リーグの2試合を戦う地でもある。

 トゥールーズを首府とするオクシタニー地域圏のカメル・シブリ副議長(45)に現地の盛り上がりや大会への期待などについて聞いた。【聞き手・尾形有菜】

 ――W杯開幕まで1年を切った。大会に向けた準備状況、地元の雰囲気は。

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1330文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集