貴景勝、何もさせてもらえず 験が良い九州場所、3日目で早くも黒星

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高安(右)にはたき込みで敗れた貴景勝=福岡国際センターで2022年11月15日、平川義之撮影
高安(右)にはたき込みで敗れた貴景勝=福岡国際センターで2022年11月15日、平川義之撮影

 大相撲九州場所3日目は15日、福岡国際センターで行われ、大関・貴景勝は高安に敗れ、2勝1敗となった。

 過去に2度の賜杯を抱くなど年の納めの場所は験が良く、今場所も2連勝と好スタートを切った貴景勝だったが、3日目で高安に土をつけられた。

 立ち合いから大関経験者の気迫に押されたか。強烈なかち上げで上体を起こされると、突き放され、最後ははたかれて土俵に突っ伏した。高安の流れるような攻めに、何もさせてもらえなかった。

 他の大関陣が苦しむ中、名古屋場所は11勝、秋場所では10勝と2桁の勝ち星を挙げたものの、いずれも優勝は平幕に譲った。「(大関の責任を果たせたとは)全く思っていない。大関は毎場所優勝だけなので」と悔しさを語っていた。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文570文字)

あわせて読みたい

ニュース特集