特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

権田修一「今後どうしたら……」苦悩越えW杯 サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
練習で汗を流すGK権田修一=カタール・ドーハで2022年11月11日、宮武祐希撮影
練習で汗を流すGK権田修一=カタール・ドーハで2022年11月11日、宮武祐希撮影

 気持ちが沈み、現役引退を真剣に考えた。友人が経営する焼き肉店で雇ってもらおうと、父に相談したこともある。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に臨む日本代表GK権田修一(33)=清水エスパルス。理想と現実のギャップに苦しんだ時期を乗り越え、W杯の舞台へと戻ってきた。1大会を挟んで復帰するのは日本代表史上初めてだ。

 「『ちょっといい?』と電話がかかってきたんです。『サッカーをやめたい』なんて聞いたことがなかったので驚きました。ただ、相当悩んでいて、本気だなとすぐに思いました」

 権田の父哲也さん(62)は振り返る。2015年、当時慶応大バスケットボール部監督だった哲也さんに、胸の内をさらけ出した。

 「今後、どうしていったらいいのか……。友達の焼き肉屋で働かせてもらおうかなと思うんだけど、どう思う?」

 バスケの試合前だったが、哲也さんは携帯電話を握りしめ、体育館の片隅から息子に語りかけた。「ちょっと待て。…

この記事は有料記事です。

残り1764文字(全文2173文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集