特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

広陵が連覇 打線の集中力とつながりが光る 秋季高校野球・中国

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秋の中国大会終了時点で高校通算47本塁打の広陵・真鍋慧=広島県のぶんちゃんしまなみ球場で2022年11月6日、生野貴紀撮影
秋の中国大会終了時点で高校通算47本塁打の広陵・真鍋慧=広島県のぶんちゃんしまなみ球場で2022年11月6日、生野貴紀撮影

 来春の第95回記念選抜高校野球大会の出場校を選考する際の参考資料となる全国10地区の高校野球秋季大会が終了しました。各地区の優勝校が出場する明治神宮野球大会(18日開幕、東京・神宮球場)を前に、中国地区大会を振り返ります。

広陵、決勝で1イニング10得点

 広陵(広島)が…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文485文字)

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集