「疑惑底なし」 野党が寺田総務相の辞任要求強める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
寺田稔総務相
寺田稔総務相

 野党は16日、「政治とカネ」問題が相次ぐ自民党の寺田稔総務相への辞任要求を強めた。共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で、週刊文春のニュースサイトで公選法違反疑惑を報じられた寺田氏はすぐに更迭されるべきだと主張。国民民主党の舟山康江両院議員総会長も同様の認識を示した。寺田氏は参院政治倫理・選挙制度特別委員会で疑惑を否定し、辞任要求も重ねて拒否した。「法的な責任はないが、誠に遺憾だ」と答弁した。

 松野博一官房長官は会見で「報道されている点を含め、政治家の責任で適切に説明することが重要だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文671文字)

あわせて読みたい

ニュース特集