東芝再建、ファンド陣営にロームが参加へ 半導体で連携模索か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東芝=東京都港区で、内藤絵美撮影
東芝=東京都港区で、内藤絵美撮影

 東芝の経営再建案を巡り、電子部品大手のロームが優先交渉権を得た国内ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)陣営に参加し、最大3000億円の投資を検討していることが16日、分かった。スズキも数百億円の出資を調整している。

 JIPは東芝の買収資金として日本企業十数社から計約1兆円の出資意向を取り付けており、ロームとスズキはその中に含まれる。ロームは出資とそれ以外の手法…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集