特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ポーランド国境の街、ミサイルでパニック 現地の日本人が証言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
停電で商店が営業停止を余儀なくされる中、わずかに開いているキオスク(売店)の前にできた人々の列=ウクライナ西部リビウで2022年11月15日、現地滞在の日本人男性撮影
停電で商店が営業停止を余儀なくされる中、わずかに開いているキオスク(売店)の前にできた人々の列=ウクライナ西部リビウで2022年11月15日、現地滞在の日本人男性撮影

 ミサイルが着弾したポーランド国境地帯に近い、ウクライナ西部のリビウは15日、ロシア軍のミサイル攻撃を受けた。暗闇の迫る夕刻、大きな爆発音と共に街全体が停電し、駅は脱出を試みようとする人々らで大混乱となった。避難民支援のためにリビウに入っていた40歳代の日本人男性が毎日新聞の電話取材に応じ「街中がパニックになっている」と語った。

 男性は、読者の投稿サイト「つながる毎日新聞」に16日未明(日本時間同日午前)、電話で現地の状況を伝えてきた。すさまじい爆発音が響いたのは、現地の15日午後4時ごろ、リビウ駅近くのホテルの自室にいたときだった。「航空機か何かが近くで落ちたのかと思った」という。

 長年、欧州に居住しているこの男性は、3日前にポーランドからリビウ入りしたばかりだった。「この1カ月間、リビウへのロシア軍による攻撃はなかった。周囲の誰もから『リビウは安全』と聞いていたのに、やられた」と、ショックを隠せない様子で語った。

 周囲の住民によ…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1221文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集