「かけがえのない命」守る 奈良小1女児殺害18年、父親が手記

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
有山楓さん=遺族提供
有山楓さん=遺族提供

 2004年に奈良市立富雄北小1年だった有山楓(かえで)さん(当時7歳)が誘拐・殺害された事件は、17日で発生から18年を迎えた。父茂樹さん(48)は奈良県警を通じ、楓さんへの思いをつづった手記を公表。愛娘の命が突然奪われた悲しみを吐露し、地域や学校などが子どもたちを見守る活動の輪が広がることを祈った。全文は次の通り。【吉川雄飛】

 楓が事件にあって18年が経(た)ちます。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文669文字)

あわせて読みたい

ニュース特集