事故の再現動画、裁判で証拠採用 遺族が独学で作成 那須雪崩事故

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事故の状況を知ってもらおうと、ソフトを使い3DCGを作成した奥勝さん=栃木県内で2022年11月10日午後8時43分、渡辺佳奈子撮影
事故の状況を知ってもらおうと、ソフトを使い3DCGを作成した奥勝さん=栃木県内で2022年11月10日午後8時43分、渡辺佳奈子撮影

 栃木県那須町の茶臼岳で2017年3月、県立大田原高校の生徒ら計8人が死亡した雪崩事故で長男の公輝さん(当時16歳)を亡くした奥勝さん(51)が、3DCGソフトを使って事故当時の様子を再現した動画を作成した。「事故について理解してくれる人が増えてほしい」との思いから、独学でソフトを学び、当時の状況を一目でわかるように再現。16日までに宇都宮地裁に提出した。

 裁判では、雪崩の予見可能性が主な争点となっている。県の検証委員会の資料や調査報告書を読んでも、当時の状況を理解できなかったと奥さんは感じていた。裁判官ら関係者に当時の様子についての理解を深めてもらおうと、気象を示すニュース映像やドローン映像などと、自身の作成した3DCGを使った解説を合わせ、18分40秒の動画にした。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1237文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集